2019年07月10日

3dsMax ボックスでアレやコレやをリセットするアレ

久しぶりにmax script。
ボックスでアレやコレやをリセットするアレの自動化。resetBox.ms
もらったデータがゴミすぎた。うん。とりあえずね、、、
ソースは↓

(
selectArray = selection as array
selectCount = selectArray.count
clearSelection()

print "---------------"
format "select count = %\n" selectCount
print selectArray
print "---------------"

for i in 1 to selectCount do (
target = selectArray[i]
targetName = target.name
format "%/% Name = %\n" i selectCount targetName
if superClassOf target == GeometryClass then (
format "\"%\" 処理開始\n" targetName
tempBox = box()
convertTo tempBox PolyMeshObject
tempBoxVerts = tempBox.verts
delete tempBoxVerts
tempBox.EditablePoly.attach target tempBox
tempBox.name = targetName
) else (
format "\"%\" は GeometryClass ではない\n" targetName
)
)

messageBox "処理が終了しました"
)
ラベル:script 3DSMAX
posted by a2d4f3s1 at 01:16| Comment(0) | 3dsMAX | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

Unity 公式マニュアルに書いてあるけどエラー出る「Post Processing Stack」(MinDrawer.cs)

ユニティーさん厳しいっす。出だしっから躓いてますよ。

アンチエイリアスを使いたくて公式ヘルプを調べたら「Post Processing Stack」を入れてねって書いてあるから入れたエラー。

何々?そもそも Asset Store からDLできるのは古いから Package Manager を使って新しくして下さいとな?

なるほど、やってみよう 。またエラー。つらい。


消えないエラーメッセージさんはこんな内容。

Assets\PostProcessing\Editor\PropertyDrawers\MinDrawer.cs(6,34): error CS0104: 'MinAttribute' is an ambiguous reference between 'UnityEngine.PostProcessing.MinAttribute' and 'UnityEngine.MinAttribute'

改めて調べたら「MinDrawer.cs」内の「MinAttribute」ってパラメーターを「UnityEngine.PostProcessing.MinAttribute」に書き換えると直るよとの事。(該当箇所は3箇所。最初、最初に見つけた一個だけ直したけど直らなかった。←当たり前)

※問題のパラメーターは6、11行目にあった。
MinDrawer.png
こうしたら一応エラーは消えた。ちゃんとカメラに「Post Processing Behavior」も追加できるようになった。

「ここで直したものって Project フォルダ以下にあるけど、他のプロジェクトだとそのまま使えないの?」て詳しい人に聞いたら、必要なフォルダをそのままコピーすればいいって言われた。なるほど、、、厳しい。
posted by a2d4f3s1 at 17:20| Comment(0) | Unity | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

AfterEffects と 3dsMax でリムライト(いまさらNormality)と法線map

AE内でリムライト追加したいよって時にもう何年か使ってた方法なんだけど、自分ではまとめてなかった。

AfterEffects内で法線画像とかを使えるプラグイン「Normality」(http://www.3dcg.net
他にも色々できるけどリムライトを入れるだけなら、、、
Normality_UI.jpg
・上の矢印部分にノーマル画像を入れて
・下の矢印部分のチェックを入れる(チェックを入れるとサブメニューが出る)
、、、だけ。「Shadingが無効でも大丈夫」だし「ライトも必要ない」
Normality_2.jpg
雑に作るとこんな感じ。
※ちょうど下に貼ってある画像をつかって黒平面に「Normality」を適用。設定をリムライト用に適当に編集した。


さて、それ用の画像(法線map画像)をmaxで出そうとするとマテリアルが標準では無いので作る事になる。「.rla」「.rpf」「.exr」とか埋め込めるタイプだとそんな事しなくても出せるんだけどね。

法線マップ画像って今はネット上にもいっぱいあるけど、DirectX系とOpenGL系で画像が違う。もちろん適用した結果も違うので注意が必要。
(ちなみに「Normality」は本家softwareページの画像からOpenGL系と推察できる)

■DirectX
Render_Normal(DirectX).png
■OpenGL
Render_Normal(OpenGL).png
※maxで球体にそれぞれの系統のマテリアルを当てて出力したもの。
違いの原因は座標系にあるらしいけど、ちゃんと調べてないからよく分からない。
大体のソフトで座標系を反転させる機能があるからあんまり困んないんだよね。自分でトーンカーブで編集してもいいし。

マテリアルの設定はそれぞれこんな感じ。
■DirectX
■OpenGL

とはいえ毎回作るの面倒なので「Normals.mat」に用意済み。
posted by a2d4f3s1 at 02:26| Comment(0) | After Effects | 更新情報をチェックする
最近の記事
ラベルリスト

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。